古今亭菊六

12/09/10 DOURAKUTEI出張寄席 古今亭菊六・桂吉坊 新進若手対決「江戸の粋(いき) vs 上方の粋(すい)」 #落語 #rakugo

公演名
DOURAKUTEI出張寄席 古今亭菊六・桂吉坊 新進若手対決「江戸の粋(いき) vs 上方の粋(すい)」
会場
日本橋社会教育会館
日時
2012年9月10日 19:00~
都々逸親子
春雨や風子
寄合酒
桂吉坊
茶の湯
古今亭菊六
仲入り
紙入れ
古今亭菊六
くしゃみ講釈
桂吉坊

芸協の二つ目さんはなかなか聞けないもので風子さんも初めて。小学生が都々逸を捻る、どうなんでしょう、昭和初期の新作なのかな。噺の中身より、それをほとんどいじらないで演る姿が一周りしておかしい感じ。

吉坊さんの寄合酒、巧みな人物の描き分けやリズム感あるやり取りが楽しい。あと、子供とのやり取りで顕著なのが柔らかい物言いが、古い大阪の雰囲気を残しているのかなと想像。

菊六さんの茶の湯、抑制気味な演出ながら、定吉の可愛らしさに参る。

菊六さんの女性はやはりこわい。紙入れのお上さんに「新さんは本当に、初心なんたから」と、二人きりの時と、旦那と一緒にいる時にと喋らせる。

吉坊さんのくしゃみ講釈、覗きからくりの物まねや、講釈などがしっかりしていて、安心して聞ける。主人公のとぼけぶりは、上方の言葉で聞く方がおかしいかな。

配布チラシ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/09/01 大手町落語会Neo! #rakugo #落語

公演名
大手町落語会Neo!
会場
日経ホール
日時
2012年9月1日 18:30~
金明竹
林家扇
強情灸
桂宮治
まぬけ泥
三遊亭きつつき
火焔太鼓
古今亭朝太
仲入り
七段目
古今亭菊六
団子屋政談
春風亭一之輔

宮治さんは本当に達者。強情灸も変なくすぐりを入れないでも直球勝負で笑わせる。これがこの春二つ目になったばかりとは思えないうまさ。

きつつきさんのまぬけ泥、手堅い語り口で楽しませる。サゲでちょっとかんでいたかな。

朝太さんは古今亭お家芸の火焔太鼓。あれなのかな、目前に迫った真打披露興行に向けて、さらっているのかな。

菊六さんの七段目、華麗な芝居の場面で、しっかりと楽しめる。とにかく達者。歌舞伎が見たくなる。これなら、上方の蛸芝居もいけるのでは。見てみたいな。

一之輔さん、初天神をいつも通りに楽しく団子屋のところまで。今日はここで終わらせるのかなと。すると、団子屋がごね出してお白州へ。無茶ぶられの会だけだと思っていた改作を聞ける事に。きちんと整理されて、無茶苦茶な大岡奉行が楽しめた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/07/28 落語教育委員会 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎 三人会 #rakugo #落語

公演名
落語教育委員会 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎 三人会
会場
横浜にぎわい座 芸能ホール
日時
2012年7月28日 18:00~
コント〈縁台将棋〉
喜多八・歌武蔵・喬太郎
猿後家
古今亭菊六
千両みかん
柳家喜多八
仲入り
孫、帰る
柳家喬太郎
お菊の皿
三遊亭歌武蔵

今日のコントは浅草の昼トリでまだ来ていない喬太郎さんを待ちながら、縁台将棋の体で。殿下は喋らないので、うーう~と唸り、歌武蔵さんがくみ取る形で進める。

菊六さんの猿後家、女主人が何か色っぽい。端正な話しぶりで今秋の真打昇進が楽しみ。

喜多八さんの千両みかんの番頭のオロオロぶりがおかしい。

喬太郎さんは久しぶりに長めの枕を楽しめた。おーい中村君をフルで歌ってそこに隠されたドラマを解説。こんなに長くても落語をやるのよと孫帰るへ。もう分かっていても、号泣モードになってしまう。これを聞けた夏はいい感じ。

歌武蔵さんは、かわら版8月号のインタビューで聞きたくなっていたお菊の皿。太り過ぎて井戸から出られなくなったくすぐりは、やはりおかしかった。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/06/23 第十三回 大手町落語会 夜席〜ザ・古今亭!〜 #落語 #rakugo

公演名
第十三回 大手町落語会 夜席〜ザ・古今亭!〜
会場
日経ホール
日時
2012年6月23日 18:30~
そば清
古今亭菊六
紙入れ
古今亭菊志ん
笠碁
桃月庵白酒
仲入り
鮑のし
隅田川馬石
井戸の茶碗
金原亭馬生

菊六さんのそば清は、古今亭らしく端正な形。そばをすする仕草はさりげなく、かつ、おかしみもある。下げもさりげなく。

菊志んさんの紙入れ、女性の逞しさを強調する演出。お上さんの表情や仕草が表現豊かで楽しく。 

白酒さんの笠碁のご隠居の二人は、ガキ大将がそのまま大きくなった様な自由さ。周りの迷惑を顧みずじゃれ合う姿が微笑ましい。

馬石さんは円朝ものなんかをよく演るが、鮑のしの様な滑稽噺も楽しくて、まさしく白酒さんと兄弟弟子だという事が実感される。家主の描き方も理のかなった形で好感が持てる。

馬生さんの井戸の茶碗の卜斎は、芯の通った凛とした佇まい。その品の良さに、五十両を断る姿に説得力 がある。とにかく気持ちのいい時が持てた。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/05/31 第七回 よこはま菊六開花亭 #rakugo #落語

公演名
第七回 よこはま菊六開花亭
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2012年5月31日 19:00~
初天神
林家けい木
火焔太鼓
古今亭菊六
百川
柳家右太楼
仲入り
心眼
古今亭菊六

菊六さんの火焔太鼓は、さすがの古今亭直系。テンポが良くて、雑味がなくスッキリと。

右太楼さんは菊六さんと同期の由。9月下席からの披露興行に皆さん来てくださいと呼び込み。朝太さんと交代でなく50日全部出る様。時間がないといいながらの百川は、メリハリが効いて楽しかった。

菊六さんで心眼を聞いて感じたのが、この噺、芝居を元にしたんじゃないか。目が開いて芸者と料亭に入って行く所を女房がつけていく様子。そこで繰り広げられる生臭い展開は落語らしくない。菊六さんの端正な語り口で、そんなことを感得させられた。

配布チラシ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/03/29 第六回 よこはま菊六開花亭 #落語 #rakugo

公演名
第六回 よこはま菊六開花亭
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2012年3月29日 19:00~
金明竹
林家扇
片棒
古今亭菊六
宿屋の富
古今亭志ん公
仲入り
子別れ
古今亭菊六

扇ちゃん、もう4年になるとのこと。今年は二つ目昇進はないけどと枕を振りつつ金明竹へ。発語も明瞭で聞きやすく、尺に合わせた噺の整理も出来ていた。枕での師匠いじりは面白いけど、兄弟子のひろ木さんと被るかな。

菊六さんの片棒は、銀の笛・太鼓が賑やかで楽しい。

菊六さんの子別れ、端正で無理のない組み立て。亀ちゃんに、過剰なこまっしゃくれた所がなく、素直に聞けた。

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/01/03 rakugoオルタナティブ vol.11「若武者はしる」〈夜の部〉 #落語 #rakugo

公演名
rakugoオルタナティブ vol.11「若武者はしる」〈夜の部〉
会場
博品館劇場
日時
2012年1月3日 17:00~
鈴ヶ森
春風亭一之輔
棒鱈
和田正人
井戸の茶碗
古今亭菊六
仲入り
替り目
古今亭菊六
花見の仇討
春風亭一之輔
座談
一之輔・菊六・和田正人

一之輔さんの鈴ヶ森、親分、子分の関係が、昼の部で見た、菊六さんとの仲の良さとダブらせてしまった。この噺はそういうものだよね。

菊六さんの井戸の茶碗、千代田と高木の老若の武士の佇まいがいい。何か芯の通った雰囲気がある。 

井戸の茶碗をタップリとやって持ち時間が少なくなったと、それでも古今亭のお家芸の替り目をきっちりと。

一之輔さんの花見の仇討、巡礼の弟役の六さんの情けない様子がおかしい。途中で寝落ちしたので、もう一回ちゃんと聞きたい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/01/03 rakugoオルタナティブ vol.11「若武者はしる」〈昼の部〉 #落語 #rakugo

公演名
rakugoオルタナティブ vol.11「若武者はしる」〈昼の部〉
会場
博品館劇場
日時
2012年1月3日 13:00~
高砂や
古今亭菊六
棒鱈
和田正人
三方一両損
春風亭一之輔
仲入り
初天神
春風亭一之輔
夢金
古今亭菊六
座談
一之輔・菊六・和田正人

菊六さんの高砂や、謡の調子がいい。正月気分が出る。

一之輔さんでの三方一両損は初めてかな。やはり啖呵が気持ちいい。 

和田正人さんは、寡聞にして知らなかった。役者らしい。菊之丞さんに習った棒鱈を。なかなか達者な話しぶり。変に演技らしいことをしていなかったので聞きやすかった。ただ、女性の仕草は大変そうだった。

一之輔さんの初天神は、いつも通りの破壊力。子供のこまっしゃくれぶりは増しているのに、さらにかわいさが上がっている。

菊六さんの夢金、昼の部のお目当て。侍になかなかの貫禄があって良かった。雪の中を進む舟の風景はいい。

プログラム

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/12/19 第五回 よこはま菊六開花亭 #落語 #rakugo

公演名
第五回 よこはま菊六開花亭
会場
横浜にぎわい座 のげシャーレ
日時
2011年12月19日 19:00~
狸札
柳家まめ録
転宅
古今亭菊六
阿武松
桂才紫
仲入り
二番煎じ
古今亭菊六

菊六さんの転宅、泥棒のおとぼけぶりもいいけど、やはりお妾さんの色っぽさがいい。圓菊一門のお家芸じゃないかな。

才紫さんの阿武松、この人の持っている、ホンワカした雰囲気が良い味を出していた。ご飯が美味しくて仕方ない微笑ましい景色が見える。

この季節こそ聞きたい二番煎じ、菊六さんのは、お得意の喉を活かした、前半の見廻りが楽しい。端唄、謡、いなせな掛け声などメリハリが効いている。後半の酒盛りもいいな。酒が飲めないのに、鍋で一杯やりたくなった

配布チラシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/12/17 rakugo オルタナティブ vol.9 6人の二つ目 #rakugo #落語

公演名
rakugo オルタナティブ vol.9 6人の二つ目
会場
草月ホール
日時
2011年12月17日 14:00~
新聞記事
柳家小太郎
ちりとてちん
立川志らら
浮世床
古今亭菊六
仲入り
真田小僧
柳家わさび
代書屋
三遊亭きつつき
クリスマスの夜に(サンタ泥)
三遊亭天どん

小太郎さんは、昨日の三三さんの会から二日連続。昨日の時そば、今日の新聞記事と、とにかく元気でにぎやか。

志ららさんのちりとてちん、ブスと言われたお手伝いさんが、豆腐を出す時にノリノリになっている様子がおかしかった。

菊六さんの浮世床は、講釈本と夢。菊六さんの女性の色っぽさはただ事ではない。やはり、師匠譲りなのかな。様子がいいという言葉があう。

わさびさんの真田小僧、子供の可愛らしさしすぎる。ちゃんと子供らしい毒が潜んでいる。今日は古典で勝負だったけど新作もいい。太宰治研究会の高校生の噺が好きだな。

きつつきさんの古典は、余り聞かない型があって、今日の代書屋は、頭で女性のラブレターを書く。履歴書も二人でやってきて、一生懸命作っていたのが連れ立ったというオチ。さらに最初のラブレターのオチが重なる。

天どんさんは、一人だけ新作で勝負。クリスマスの日に泥棒が入った家に子供の兄弟が留守番している「ホームアローン」のような噺。こちらは、泥棒が子供達の境遇にほだされてしまう、天どんさんらしい人情噺に仕上がっていた。うるっときた。

プログラム

配布チラシ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Gたかし HIDEBOH JIMEX LATINO あした順子 あしべ いたちや おしどり すず風にゃん子・金魚 だるま食堂 のだゆき はやのみこみ ひびきわたる ぴろき ぺぺ桜井 むかし家今松 アサダ二世 ウクレレえいじ エネルギー グレート義太夫 コラアゲンはいごうまん シルヴプレ ストレート松浦 タブレット純 ダーク広和 チャラン・ポ・ランタン ドリームかずよし ナイツ ナオユキ ニックス パンダユナイテッド フォークシンガー小象 ホームラン ボンボンブラザース ポカスカジャン マギー隆司 マグナム小林 ミッキー・カーチス モロ師岡 ヤーレンズ ラッキー池田 ロケット団 一風亭初月 一龍斎春水 一龍斎貞友 一龍斎貞奈 一龍斎貞寿 一龍斎貞山 一龍斎貞弥 一龍斎貞心 一龍斎貞橘 一龍斎貞水 一龍斎貞花 一龍斎貞鏡 三K辰文舎 三升家う勝 三増れ紋 三増紋之助 三笑亭夢丸 三笑亭夢吉 三遊亭あおもり 三遊亭あら馬 三遊亭あんぱん 三遊亭きつつき 三遊亭ぐんま 三遊亭けん玉 三遊亭こうもり 三遊亭こめつぶ 三遊亭ございます 三遊亭しゅりけん 三遊亭じゃんけん 三遊亭じゅうべえ 三遊亭たん丈 三遊亭ときん 三遊亭ぬう生 三遊亭はち好 三遊亭ふう丈 三遊亭まん坊 三遊亭めぐろ 三遊亭わん丈 三遊亭丈二 三遊亭亜郎 三遊亭伊織 三遊亭全楽 三遊亭兼好 三遊亭円楽 三遊亭司 三遊亭吉窓 三遊亭圓丈 三遊亭圓丸 三遊亭圓楽 三遊亭圓橘 三遊亭圓歌 三遊亭圓福 三遊亭圓龍 三遊亭多歌介 三遊亭天どん 三遊亭天歌 三遊亭好也 三遊亭好楽 三遊亭小円歌 三遊亭小曲 三遊亭小歌 三遊亭小笑 三遊亭小遊三 三遊亭彩大 三遊亭日るね 三遊亭時松 三遊亭朝橘 三遊亭橘也 三遊亭歌つを 三遊亭歌むい 三遊亭歌も女 三遊亭歌りん 三遊亭歌る多 三遊亭歌司 三遊亭歌太郎 三遊亭歌奴 三遊亭歌扇 三遊亭歌武蔵 三遊亭玉々丈 三遊亭王楽 三遊亭白鳥 三遊亭究斗 三遊亭粋歌 三遊亭美るく 三遊亭若圓歌 三遊亭萬橘 三遊亭西村 三遊亭遊かり 三遊亭遊七 三遊亭遊之介 三遊亭遊吉 三遊亭遊松 三遊亭遊里 三遊亭遊雀 三遊亭金かん 三遊亭金とん 三遊亭金の助 三遊亭金八 三遊亭金兵衛 三遊亭金時 三遊亭金朝 三遊亭金馬 三遊亭青森 三遊亭馬ん次 三遊亭鯛好 三遊亭鳳志 三遊亭鳳笑 与座よしあき 中山千夏 中川家 五明楼玉の輔 五街道雲助 井上新五郎正隆 仙三郎社中 伊丹明 伊丹秀敏 伊藤夢葉 佐藤貴美江 入船亭ゆう京 入船亭小辰 入船亭扇好 入船亭扇蔵 入船亭扇辰 入船亭扇遊 入船亭扇里 入船亭辰じん 入船亭辰のこ 入船亭辰乃助 入船亭遊一 入船亭遊京 八光亭春輔 六華亭遊花 初音家左吉 初音屋左吉 北村薫 北見伸&スティファニー 古今亭きょう介 古今亭ちよりん 古今亭まめ菊 古今亭今いち 古今亭今輔 古今亭半輔 古今亭始 古今亭志ん丸 古今亭志ん五 古今亭志ん八 古今亭志ん公 古今亭志ん吉 古今亭志ん好 古今亭志ん松 古今亭志ん橋 古今亭志ん輔 古今亭志ん陽 古今亭文菊 古今亭朝太 古今亭菊丸 古今亭菊之丞 古今亭菊六 古今亭菊千代 古今亭菊志ん 古今亭菊正 古今亭菊龍 古今亭駒次 台所おさん 台所鬼〆 吉原朝馬 吉川潮 国本はる乃 国本晴美 国本武春 土橋亭里う馬 坂本頼光 大本営八俵 大瀬ゆめじ・うたじ 天中軒涼月 天乃家白馬 太田その 宝井一凛 宝井梅湯 宝井梅福 宝井琴屯 宝井琴嶺 宝井琴星 宝井琴柑 宝井琴柳 宝井琴桜 宝井琴梅 宝井琴調 宮川大助・花子 富士実子 富士綾那 富士路子 富士鷹雄 寒空はだか 小宮孝泰 小泉ポロン 山藤章二 岡大介 川柳つくし 川柳川柳 左利き 広瀬和生 快楽亭ブラック 快楽亭ブラ坊 恩田えり 悠玄亭玉八 散歩 旭堂南左衛門 旭堂南斗 旭堂南海 旭堂南湖 旭堂南舟 旭堂南華 旭堂南青 旭堂南鱗 昔昔亭全太郎 昔昔亭喜太郎 昔昔亭桃之助 昔昔亭桃太郎 昔昔亭A太郎 春野恵子 春雨や晴太 春雨や雷太 春雨や風子 春風一刀 春風亭かん橋 春風亭きいち 春風亭ぴっかり 春風亭べん橋 春風亭ぺろちゃん 春風亭㐂いち 春風亭一之輔 春風亭一力 春風亭一左 春風亭一朝 春風亭一猿 春風亭一花 春風亭一蔵 春風亭三朝 春風亭与いち 春風亭傳枝 春風亭勢朝 春風亭小朝 春風亭小柳 春風亭昇々 春風亭昇りん 春風亭昇也 春風亭昇吾 春風亭昇太 春風亭昇市 春風亭昇羊 春風亭朝七 春風亭朝之助 春風亭朝也 春風亭朝呂久 春風亭朝太郎 春風亭柳好 春風亭柳朝 春風亭柳橋 春風亭柳若 春風亭正太郎 春風亭正朝 春風亭百んが 春風亭百栄 昭和こいる 昭和のいる・こいる 月の家小圓鏡 月の家鏡太 月亭可朝 月亭天使 月亭方正 月亭遊方 木村勝千代 東京ガールズ 東京太・ゆめ子 東家一太郎 東家孝太郎 東家浦太郎 東家美 東家若燕 杵屋三七郎 松乃家扇鶴 松元ヒロ 松尾貴史 松旭斎美智・美登 松本優子 松波千壽 松浦四郎若 林家あずみ 林家あんこ 林家きく麿 林家きよひこ 林家けい木 林家さく平 林家さん歩 林家そめすけ 林家たい平 林家たけ平 林家たこ平 林家たこ蔵 林家たま平 林家つる子 林家なな子 林家はな平 林家ひろ木 林家ぼたん 林家まめ平 林家やまびこ 林家ペー 林家三平 林家二楽 林家卯三郎 林家彦いち 林家彦丸 林家彦星 林家扇 林家扇兵衛 林家時蔵 林家木りん 林家木久扇 林家木久蔵 林家染雀 林家正楽 林家正蔵 林家正雀 林家鉄平 柳亭こみち 柳亭小燕枝 柳亭小痴楽 柳亭左龍 柳亭市丸 柳亭市也 柳亭市助 柳亭市坊 柳亭市弥 柳亭市朗 柳亭市松 柳亭市楽 柳亭市江 柳亭市童 柳亭市若 柳亭市馬 柳亭明楽 柳亭楽ちん 柳亭燕路 柳亭芝楽 柳家〆治 柳家あお馬 柳家いっぽん 柳家おじさん 柳家かゑる 柳家さん光 柳家さん助 柳家さん吉 柳家さん喬 柳家さん坊 柳家さん弥 柳家さん枝 柳家さん若 柳家せん八 柳家はん治 柳家ほたる 柳家まめ録 柳家やなぎ 柳家り助 柳家ろべえ 柳家わさび 柳家フラワー 柳家一九 柳家一琴 柳家三三 柳家三之助 柳家三語楼 柳家亀太郎 柳家初花 柳家勧之助 柳家右太楼 柳家吉緑 柳家喜多八 柳家喬の字 柳家喬之助 柳家喬之進 柳家喬四郎 柳家喬太郎 柳家喬志郎 柳家圭花 柳家寿伴 柳家小かじ 柳家小ごと 柳家小さん 柳家小せん 柳家小のぶ 柳家小はぜ 柳家小はだ 柳家小はん 柳家小もん 柳家小ゑん 柳家小んぶ 柳家小三太 柳家小三治 柳家小傳次 柳家小八 柳家小団次 柳家小団治 柳家小多け 柳家小太郎 柳家小平太 柳家小春 柳家小権太 柳家小満ん 柳家小燕枝 柳家小菊 柳家小蝠 柳家小袁治 柳家小里ん 柳家権之助 柳家権太楼 柳家燕弥 柳家甚語楼 柳家禽太夫 柳家紫文 柳家緑助 柳家緑君 柳家緑太 柳家花いち 柳家花ごめ 柳家花どん 柳家花ん謝 柳家花緑 柳家花飛 柳家蝠よし 柳家録太 柳家麟太郎 桂あさ吉 桂あやめ 桂かい枝 桂きん枝 桂こごろう 桂ざこば 桂しん乃 桂しん吉 桂そうば 桂たか治 桂ちょうば 桂ひろば 桂まん我 桂やまと 桂りょうば 桂三四郎 桂三度 桂三木男 桂三若 桂三語 桂九雀 桂二乗 桂伸しん 桂伸べえ 桂伸三 桂伸力 桂伸治 桂佐ん吉 桂優々 桂南光 桂南天 桂右女助 桂吉坊 桂吉弥 桂咲之輔 桂團治郎 桂坊枝 桂塩鯛 桂夏丸 桂宗助 桂宮治 桂小すみ 桂小春団治 桂小鯛 桂平治 桂弥太郎 桂慶治朗 桂才紫 桂才賀 桂文之助 桂文字助 桂文我 桂文枝 桂文楽 桂文治 桂文珍 桂文生 桂文雀 桂春蝶 桂春雨 桂枝光 桂枝太郎 桂楽珍 桂歌丸 桂歌之助 桂歌助 桂福丸 桂竹のこ 桂米團治 桂米多郎 桂米平 桂米紫 桂米輝 桂紅雀 桂紋四郎 桂雀々 桂雀五郎 桂雀松 桂鯛蔵 桂鷹治 桃月庵あられ 桃月庵こはく 桃月庵はまぐり 桃月庵ひしもち 桃月庵白酒 森乃福郎 橘ねろり 橘や文蔵 橘ノ双葉 橘右之吉 橘家かな文 橘家半蔵 橘家圓十郎 橘家圓太郎 橘家文吾 橘家文左衛門 橘家文蔵 橘家門朗 橘家門郎 母心 毒蝮三太夫 民謡 水乃金魚 永六輔 江戸家小猫 沢村美舟 沢村豊子 泉水亭錦魚 浪曲 港家小そめ 港家小ゆき 滝川どっと鯉 演劇 演芸 澤勇人 澤孝子 澤恵子 澤華丸 澤順子 瀧川あまぐ鯉 瀧川鯉○ 瀧川鯉ちゃ 瀧川鯉ん 瀧川鯉丸 瀧川鯉佐久 瀧川鯉八 瀧川鯉和 瀧川鯉昇 瀧川鯉朝 瀧川鯉橋 瀧川鯉毛 瀧川鯉津 熊谷弥香 狂言 玉川こう福 玉川みね子 玉川太福 玉川奈々福 瑞姫 田中泯 田辺いちか 田辺一乃 田辺一邑 田辺凌天 田辺凌鶴 田辺銀冶 田辺鶴遊 石井徹也 神田あおい 神田あっぷる 神田きらり 神田こなぎ 神田すず 神田すみれ 神田みのり 神田久之介 神田久太郎 神田京子 神田伊織 神田子太郎 神田山吹 神田山緑 神田愛山 神田昌味 神田春陽 神田松之丞 神田松鯉 神田松麻呂 神田桜子 神田真紅 神田紅 神田紅佳 神田紅純 神田紅葉 神田紫 神田織音 神田翆月 神田茜 神田蘭 神田阿久鯉 神田陽菜 神田鯉栄 神田鯉花 神田鯉風 立川こしら 立川こはる 立川ぜん馬 立川はるか 立川らくぼ 立川らくみん 立川らく人 立川らく八 立川らく兵 立川キウイ 立川三四楼 立川仮面女子 立川吉幸 立川吉笑 立川寸志 立川左談次 立川平林 立川幸七 立川幸之進 立川幸吾 立川志の八 立川志の吉 立川志の春 立川志の輔 立川志らく 立川志らべ 立川志らら 立川志ら乃 立川志ら鈴 立川志遊 立川春吾 立川春太 立川生志 立川笑二 立川談之助 立川談修 立川談吉 立川談四楼 立川談志 立川談慶 立川談春 立川談笑 立川雲水 立川龍志 笑福亭たま 笑福亭べ瓶 笑福亭仁智 笑福亭和光 笑福亭学光 笑福亭希光 笑福亭瓶二 笑福亭福笑 笑福亭竹三 笑福亭笑助 笑福亭笑子 笑福亭羽光 笑福亭茶光 笑福亭里光 笑福亭鉄瓶 笑福亭銀瓶 笑福亭風喬 笑福亭鶴光 笹木美きえ 紅坂為右衛門 翁家和助 翁家和楽社中 色彩亭てふてふ 花島世津子 花柳源九郎 花渡家ちとせ 茂山宗彦 茂山童司 茂山茂 落語 藤井青銅 虹友美 蜃気楼龍玉 講談 近藤志げる 遠峰あこ 遠藤賢司 野末陳平 金原亭世之介 金原亭乃ゝ香 金原亭伯楽 金原亭小駒 金原亭馬の助 金原亭馬久 金原亭馬吉 金原亭馬太郎 金原亭馬好 金原亭馬治 金原亭馬玉 金原亭馬生 金原亭馬遊 金原亭駒六 金原亭駒松 金原亭龍馬 金限定馬治 鈴々舎八ゑ馬 鈴々舎鈴之助 鈴々舎風車 鈴々舎馬るこ 鈴々舎馬桜 鈴々舎馬風 鏡味仙三 鏡味仙三郎社中 鏡味仙志郎 鏡味仙成 鏡味初音 鏡味味千代 長井好弘 隅田川馬石 雷門小助六 雷門音助 青山理 青空麒麟児 音楽 馬越ノリ子 高田文夫 高遠彩子 鳳舞衣子